SSブログ
前の10件 | -

エノコログサ [実]


「足元に咲いてる花も可愛いよ♪」
と 主に野草の花の紹介をしている当ブログですが
最近、写真が説明っぽくなってきているような
気がするんですよ。

紹介に力が入りすぎて、
花や実の可愛さが二の次になっているというか…。
専門家じゃないんだからさぁ。
ただの猫なんだから・・・。


なので今日はちょっと肩の力を抜く意味で
庭で揺れていたエノコログサを
お気楽に撮りました。 (*´ω`*)ヨロシクです。




IMG_7580.jpg







IMG_7566.jpg






nice!(1)  コメント(0) 

丹波青垣 高源寺さんの紅葉 [日々のこと]


丹波青垣、もみじの名所“高源寺”へ行ってきました。

IMG_7789.jpg

天気予報では晴だったのに、丹波は雨。





IMG_7785.jpg
道の駅青垣で きつね蕎麦セット。

この辺で美味しいお昼を食べられるお店を開拓したいのですが
ここが結構混んでいるということは、他にないのかも?

このセットに入っている動物性の物って
お蕎麦のお出汁と2枚のかまぼこのみ
その割にはボリュームがあって
ヘルシーと言えるのかどうか?




IMG_7795.jpg

高源寺の門前に着きました。




IMG_7801.jpg






IMG_7806.jpg







IMG_7807.jpg

平日だったのでご年配の方がほとんど。

石段が濡れ落ち葉で滑って私は怖かったのですが
みなさんお元気です



IMG_7809.jpg






IMG_7810.jpg






IMG_7830.jpg






IMG_7833.jpg

むこうはカエデ、手前はドウダンツツジ。




IMG_7839.jpg






IMG_7841.jpg






IMG_7842.jpg






IMG_7843.jpg

歩きにくいので石段を避けて横の坂道を歩きます。





IMG_7872.jpg

山門に着きました。
この窓は2階部分です。




IMG_7850.jpg

雨に濡れた落ち葉は良いですね。




IMG_7855.jpg





IMG_7859.jpg





IMG_7857.jpg





IMG_7860.jpg




IMG_7889.jpg





IMG_7893.jpg




IMG_7892.jpg

広い境内は全部回りきれず、
お仏堂で手を合わせてUターン。




IMG_7908.jpg

お茶の花




IMG_7901.jpg

季節はずれのアジサイと・・・




IMG_7902.jpg
その上の木に作られていたアシナガバチの巣を撮って
高源寺を出ました。






IMG_7911.jpg
R427を来た方向と逆に南下。

交通量が少なくて快走でしたが
日が短くてすぐに暗くなってしまいました。










nice!(1)  コメント(0) 

日当たりの良い湿った山野が好き [花と虫]


リンドウの花を見に出直そうかな?
近頃道路が混んでいるしな。
1時間かけて三田まで・・・行く?

などと考えているうちに、ハッと思いつきました。

あそこなら咲いているかもしれない!

神戸市北区、ちょいと山の中のため池の土手。





咲いていました。

IMG_7666.jpg

センブリ(リンドウ科)




IMG_7665.jpg




IMG_7670.jpg




IMG_7670 (2).jpg

もしゃもしゃした毛は蜜腺の周りに生えています。




IMG_7693.jpg




IMG_7679.jpg

ため池の土手が崩れないように笹を植えたのでしょうか。
その中に背丈の低いセンブリが生えています。






他に、

IMG_7683.jpg




IMG_7677.jpg

アキノキリンソウ(キク科・アキノキリンソウ属)


ちなみにセイタカアワダチソウもアキノキリンソウ属




初秋に咲く良く似たキンミズヒキはバラ科です。

IMG_7316.jpg

キンミズヒキ 9月12日撮影







IMG_7671.jpg

ホソバリンドウ(リンドウ科)




IMG_7678.jpg




IMG_7685.jpg




IMG_7688.jpg




IMG_7692.jpg




IMG_7691.jpg

アキノキリンソウと後ろにホソバリンドウ






この湿地に入ってすぐヒメアカネを見たのですが、
バッグからカメラを出している間に逃げられました。
今年最後のトンボだったのかもしれないのに・・・。


最近の「猫の腕まくり」に虫が登場しないなんてありえない!!

「虫さん虫さん出ておいで」

IMG_7698.jpg

呼んだら飛んできてくれました。




IMG_7698 (2).jpg

セスジハリバエ

体全体にボソボソと生えている剛毛が
私の好みじゃないかな・・・(ごめんね、勝手な事を言って)





「虫さん虫さん出ておいで」


IMG_7699.jpg

呼んだら来たのではなく、猫の目ぢからで見つけました。

イネ科植物に止まっていたサンマ。




IMG_7699 (2).jpg

サンマでしょッ?。
本名はショウリョウバッタモドキ

※ 細長く頭が尖っており、直線的な体型をしたバッタ。
  体は緑色で背中は茶色っぽい。
  湿っぽい草原を好む。 
  敵の気配を察すると止まった草を軸にして
  巧みに草の反対側に身を隠す。



IMG_7702.jpg

は~い、隠れました。












nice!(1)  コメント(0) 

日本の秋は紫の花 [花]


10月21日、三田市の奥「高平ナナマツの森へ行ってきました。


IMG_7658.jpg

テントと小さなコスモス畑。
ここは黒豆の枝豆刈りができる所です。
下手な看板よりもずっと人目を引きます。




IMG_7660.jpg




IMG_7662.jpg

向こうに見えているのが有馬富士かな?




IMG_7601.jpg
遠くのコスモス畑より近くのセイタカアワダチソウ。




IMG_7603.jpg
代表的な外来植物に西洋ミツバチ。




IMG_7604.jpg

マルバルコウソウ
これも外来種。




IMG_7605.jpg

観賞用として渡来、野生化。




IMG_7656.jpg




IMG_7610.jpg
日がすっかり短くなって、谷を奥に入っていくとすぐに暗くなってしまいました。




IMG_7612.jpg

うん?




IMG_7614.jpg


久しぶりに見たアキチョウジ。



IMG_7621.jpg

アキチョウジ(シソ科)とヒラタアブ。





IMG_7622 (2).jpg

蜜まで届いているのでしょうか。




IMG_7641.jpg

アキノタムラソウ(シソ科)




IMG_7634.jpg

ツリガネニンジン




IMG_7650.jpg
イヌタデと・・・・・ノコンギク(?)






IMG_7647.jpg

リンドウを1本見つけましたが、





IMG_7644.jpg
15:40ではもう薄暗くて、花は閉じてしまっていました(´・ω・`)


出直すかな~。



 




nice!(1)  コメント(0) 

秋明菊 [花と虫]



IMG_7536.jpg

庭の秋明菊が夏に葉をたくさん広げていたので
花を楽しみにしていたのですが、
ポチポチとしか咲きませんでした。
どうしたのでしょう。





IMG_7547.jpg

秋明菊の茎に逆さに止まっているツマグロオオヨコバイが
白いウンチを出していました。
何度もピュっと吹き出すように丸い玉を出すのですが
どうしても撮れません。





IMG_7548.jpg
そこで、上からお尻の穴を撮ってやりました(o^^o)♪




IMG_7548 (2).jpg

とても良く撮れております。





IMG_7557.jpg









nice!(0)  コメント(0) 

キンモクセイの香り [花]



IMG_7529.jpg


ハロウィーンに合わせたように咲くキンモクセイなので
それらしい雰囲気で撮ってみました。
いかがでしょう。






IMG_7528.jpg


変わった花です。
ヒラヒラした花弁はなく花全体が分厚く
合弁花で花冠が4裂、中心部に雄シベが2本。

雌シベは退化していて実が生ることはありません。


調べるとキンモクセイは雌雄異株でこれは雄株だそう。
では雌株は?
実は?

キンモクセイは中国原産で日本には雄株しか渡来していないそうで
雄株しかないので挿し木で増やすそうです。




IMG_7559.jpg

さて、それなら雌花はさぞ地味なのかなと思いつつ探すと
同じように興味を持った方が中国のサイトで検索して
写真を載せてくださっていました。
苦労して探されたそうです。


その写真を見ると雄花と同じオレンジ色の花の中央に
雌シベと、退化した雄シベの跡が2つありました。

原産国の中国にも雌株は少ないそうで、
香りだけで人を魅了し株を増やすというキンモクセイの生き残り方、
やりますな。。。
いやいや、本当は雌雄並んで年ごとに実をつけたいのでしょうね。
(´;ω;`)







nice!(0)  コメント(0) 

コスモスまつり中止 [花]



10月6日に丹波清住に行ってきました。
コスモスまつりはコロナの影響で中止になったことは知っていましたが
まさかコスモス畑が全く無いとは・・・ビックリでした。

よくよく考えれば春にチューリップ祭りが中止になった所で
「人が集まってはいけない」と
チューリップの花を刈り取っていたニュースがありましたね。
秋咲きのコスモスの種の蒔きどきは初夏なので
今年は種まきからしなかったのでしょう。

私たちの他にも「コスモスはどこかしら?」と
ウロウロしている人たちがいました。
本当に残念。




IMG_7415.jpg

ひと様のお庭に咲いているコスモスにカメラを向けるわけにもいかず
なにか咲いていないかな?と探して撮ったのが お寺さんの門前に咲いていた白い彼岸花。
白花曼珠沙華と呼ばれています。




IMG_7418.jpg

この花は赤色の彼岸花と黄色のショウキズイセン(鐘馗水仙)の
自然交雑種と言われていて、
九州などの暖かい地域に自生していますが
その他の地域で見られるものは
人工的に植えられたものが多いそうです。

純白でなく赤みや黄色みが混じっているところに
野趣があっていいですね。





お寺の石段で巣作りのための土をせっせと集めていた
ムモントックリバチ ドロバチ科 (多分)(^_^;)


IMG_7403.jpg


IMG_7407.jpg


IMG_7409.jpg


IMG_7412.jpg

攻撃性が低いので近寄っても大丈夫ですが
近付きすぎると逃げられます。
攻撃性が強いかどうかは帰ってから名前を調べている時に知りましたけど...。






清住を出てR175を南下。

IMG_7421.jpg

お昼は以前にたまたま入った“夫婦橋”さんで
またまたお刺身定食。
お刺身がとっても美味しいんです。
お値段はなんと1,260円。

度々行きたいのですがお昼を食べるにはちょっと遠いのがねえ。



IMG_7423.jpg

ショーケースの張り紙に虫が?




IMG_7426.jpg

モンカゲロウ(?)



そのままR175を南下して
西脇市の道の駅”北はりまエコミュージアム”で一休み。


IMG_7430.jpg

秋のスイレンはなぜか光を集めてギラギラしていました。




IMG_7427 (2).jpg

池の柵に張られていたクモの巣。

パッチワークのパターンにクレイジーキルトといって
大きさ形の違う布を不規則につなげるものがあるのですが
それに似てこれはとても面白い。
不規則とかランダムとかいい加減とか...
簡単なようでなかなか難しいゲージュツです。







nice!(0)  コメント(0) 

瀬戸内ほととぎす [花]



IMG_7354.jpg

大きなクリがパッカーン!!


全記事と同じ近場の里山へ 同じく100mmマクロ1本だけ持って
また行ってまいりました。
前回より半月ほど時が経っております。





IMG_7357.jpg




IMG_7366.jpg

ゲンノショウコ 白花と赤花。



IMG_7368.jpg

キンミズヒキ (バラ科)




IMG_7362.jpg

土手に色んな草花がゴチャゴチャ。
その中に本日の本命の花が咲いていました。


IMG_7361.jpg

セトウチホトトギス




IMG_7363.jpg

瀬戸内沿岸にしか分布しない(六甲山では西部)
草丈20~30cm
花びらと花柱に紅紫色の斑点がある 花びらの下部に黄色がある
ヤマジノホトトギスと似ていますが、以上のところが違います。



IMG_7356.jpg

ワレモコウ(バラ科)

房が小さいですが まだ花粉を持っており花盛りです。




IMG_7393.jpg

ヒガンバナ
元は田んぼか畑だった所の隅っこに咲いていました。



IMG_7379.jpg

背景は全部セイタカアワダチソウ。



IMG_7398.jpg

壁紙に使えるかな?





IMG_7385.jpg

今の季節、この花がたくさん咲いていますが、
なんだったかな~。


IMG_7388.jpg

後で調べるために全体も撮っておきます。

イタドリかな?




IMG_7381.jpg

これ、アキカラマツですよね!



IMG_7382.jpg

やはり確認するために葉も撮っておきました

アキカラマツでした。
深山の植物だと思っていたのに近場にあってビックリ!
…いや、アンタが深山に住んでるんでしょう┐('` ;)┌




IMG_7390.jpg

オオバコ
草の中の草、これぞ草!というオオバコにも花は咲きます。



IMG_7396.jpg
チジミザサ(イネ科)

高さ10~30cmの小さな笹
白く(紫もあり)モジャっとしたのが雌シベだそうです。




IMG_7395.jpg

イヌタデ(=赤まんま) このままでも可愛いのですが、
家のイヌタデにはポツンと一つ花が咲いていました。

IMG_7350.jpg

ほらね、たま~に開花しているんです♡






nice!(0)  コメント(0) 

台風一過の里山 [花]


超大型の台風9号と10号が去った後、
こちら神戸ではやや風が強いものの気温が下がり
一息ついています。

暑い日に出歩いて熱中症で倒れでもしたら
周りが困るだろうとひたすら
「お家にいよう!」を守ってきたので
私の場合一息つくとは…
フィールドに出ること♪

いざ、100mmマクロを持って雨上がりの里山へ!




IMG_7254.jpg

黄色=キンミズヒキ  白=センニンソウ





IMG_7237.jpg
ゲンノショウコ(白花)




IMG_7266.jpg



IMG_7241.jpg
ツリガネニンジン




IMG_7243.jpg

ノブドウ




IMG_7267.jpg

大きなクリの実




IMG_7248.jpg

トキリマメの花




IMG_7245.jpg

トキリマメのサヤ(実)
今は花と実が同時に見られます。




IMG_7252.jpg

キンミズヒキ




IMG_7258.jpg

へクソカズラの花が可愛いので、写真を大きくしました。




IMG_7268.jpg

ガガイモはピンクの花が多いのですが
白花にもたまに会えます。

この花は遠かったので写真を大きくしましたが
花がほとんど向こうを向いています(・・;)

モシャモシャとした不思議な花です。





IMG_7264.jpg

クズの花

足元に散っている薄紫のクズの花は
旺盛に茂る葉と違い、
秋らしい楚々とした風情。




IMG_7262.jpg

よ~く見てください。
クズの花にツチイナゴの子供(幼虫2)がいます。




IMG_7263 (2).jpg

これから大人(成虫)になり越冬する子です。

ガンバレ!







nice!(0)  コメント(0) 

湿原へ [花と虫]

6月16日。本格的な梅雨が来る前に東播磨の湿原へ行ってきました。 気温が31°cくらいあったでしょうか、 空気にモヤがかかっているような 「梅雨が来ますよ!」な日でした。


IMG_6405.jpg

駐車場にいたツバメシジミ。 小さなシジミチョウの仲間のうちでも小さくて ヤマトシジミの半分位の小ささ。 後翅にある尾状突起にちなんで「ツバメ」の名が付いたそうです。 白地にオレンジ色の紋とこの突起がたまらない可愛さ。


おっと、湿原は駐車場から1kmほど歩かなきゃいけないのに ここで長々と遊んでいちゃあ日が暮れる。



IMG_6411.jpg




IMG_6413.jpg

「必ずここで靴底を洗ってください」




IMG_6415.jpg

コシダの若葉(?)




IMG_6416.jpg

先のほうが開けてきました。




IMG_6417.jpg

ロープやらフェンスやら木道やら…、 かなり手を入れてくださっています。




IMG_6419.jpg





IMG_6420.jpg

蛾ですね。 青い鎧の上に毛皮のマント被ったようで格好良い! ところで、この白い小さなキク科らしき花は何でしょう? 写真を整理している時に気が付いて気になっています。


IMG_6434.jpg

何個目の扉でしょう? 扉があるたびにヒモか金具を外して入り、 入ったらまた閉じておきます。


IMG_6429.jpg

初々しく開いたばかりのササユリ。




IMG_6436.jpg

お花屋さんではユリの花は花粉で花びらが汚れるのを嫌って 雄しべを切り取って売っていますが、 雄シベも花粉もあってのユリの花ですよ。




IMG_6437.jpg

目的地についたようですが、ここがどこだかよく分かりません(笑)

第一湿原はフェンスが閉じられていたので 入っちゃいけないんだと思って通り過ぎたようです。 多分、ここは第二湿原。



IMG_6439.jpg

湿地の中に作られた木道に足を踏み入れるとすぐに トキソウ(ラン科トキソウ属)が見られました。 数が少ないですが贅沢を言ってはいけません。 兵庫県では準絶滅危惧種ですから。



IMG_6438.jpg

写真を撮れるところに咲いていたのは枯れかけた花。 とはいえ、美しい花の色です。


IMG_6444.jpg

ハッチョウトンボ 雄
あこがれのハッチョウトンボがすぐ見つかりました。 本当に小さい。 写真では普通の赤トンボに見えますが、 大きさは2cm内。1円玉の中に収まるんですよ。



IMG_6444 (2).jpg

写真を大きくしても「夕焼け小焼けの赤トンボ♪」と同じ。




IMG_6450.jpg

雄は100mmマクロでここまで寄っても逃げません。




IMG_6455.jpg

雌は見つけにくく、草むらの奥まった所にやっと1っ匹見つけました。 木道からの撮影なのでアングルなんて言ってられません。 しつこく迫って逃げられました。


IMG_6458.jpg

カキラン (ラン科カキラン属) トキソウと同じく準絶滅危惧種。



IMG_6491.jpg

柿色だからカキラン。 トキソウもトキ(朱鷺)の翼の色だからトキソウ。




IMG_6493.jpg

ノハナショウブ(野花菖蒲) 花菖蒲の原種。





IMG_6495.jpg

もう会えないかもしれないので 湿原を出る前にもう一度パシャッ!




IMG_6501.jpg

帰り道にタツナミソウを見っけ!




IMG_6504.jpg

小さなハッチョウトンボは撮りにくかったので シオカラトンボをドアップで撮ってやった!(意味不明)




IMG_6512.jpg

駐車場まで帰ってきてヒメジョオンにツバメシジミの雌。



内容タップリの湿原でしたがとても暑い日で疲れ果てました。 コンビニに寄ってフラッペをレンジアップして貰って ガツガツガリガリ食べて生き返り、 なんとか帰ることができました。







nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | -